ドメインを Cloudflare に移行したので cert-manager も対応した

Google Domains が事業売却されるという話から約半年、重い腰をあげてついに我が家のドメインも Cloudflare に移行対応しました。 半年も経てば Cloudflare への移行手順は多くの記事で紹介されているので、今回は Cloudflare 移行に伴って発生した自宅ラボで使っている cert-manager の移行対応を記録しておきます。 なぜドメイン移行先を Cloudflare にしたのか このブログでも使っている nnstt1.dev というドメインは Google Domains で購入していましたが、ネームサーバーを設定してレコードの管理自体は Azure DNS でおこなっていました。 Azure DNS で管理しているなら Azure 自体でドメインを購入すればいいじゃないかと思ったのですが、Azure でドメインを購入するサービスの App Service ドメインでは com、net、co.uk、org、nl、in、biz、org.uk、co.in のトップレベルドメイン (TLD) しか対応していなかったため、.dev ドメインは別のサービスを利用するしかありませんでした。 (そもそも Google Domains にしたのも Azure が .dev に対応してなかったからなのに、今回も移行できないか確認してしまったという…) というわけで他のドメインサービスを探すことになったのですが、おネームドットコムは論外ということ以外は特にこだわりはありませんでした。 半年前でもそうでしたが、やっぱり Cloudflare が移行先として人気のようで、右にならえで自分も Cloudflare に移行することにしました。 移行自体はすんなり完了したのと、レコード自体の管理も Terraform を使うようにしました。 cert-manager の対応 自宅ラボの Kubernetes クラスタでは証明書管理のための cert-manager を使っています。 クラスタで(自宅内に閉じて)公開しているサービスの証明書を Let’s Encrypt で発行していますが、そのためにはドメインの検証が必要になります。 検証の方法は 2 つあって、Let’s Encrypt から対象ドメインを使っているサービスにアクセスする HTTP Validation と、DNS に指定の TXT レコードを作成する DNS Validation があります。...

March 17, 2024 · 2 min · @nnstt1

Azure Key Vault と連携して HashiCorp Vault を Auto Unseal する

おうち K8s クラスタで HashiCorp Vault を動かしているのですが、Pod が再起動すると Vault が Seal 状態となってしまうので都度 Unseal Key を入力しています。 そろそろ煩わしさが限界なので Azure Key Vault と連携して Vault の Auto Unseal 機能を使ってみます。 Auto-unseal using Azure Key Vault | Vault | HashiCorp Developer This tutorial demonstrates an example for enabling Auto-unseal with Azure Key Vault. Auto Unseal 設定 Auto Unseal を使うためには以下の設定が必要になります。 Entra ID サービスプリンシパル Azure Key Vault Vault Config サービスプリンシパル Microsoft Entra ID に Vault の Auto Unseal で使用するサービスプリンシパルを作成します。...

November 21, 2023 · 4 min · @nnstt1

cert-manager 用サービスプリンシパルのクライアントシークレットを Vault Secrets Operator で動的生成する

はじめに 今年の夏も酷暑続きでしたねー。 仕事が忙しくて自宅ラボに触る時間もなかったり、マシンの熱が心配なのもあって夏の間は自宅ラボの電源を落としてたり、ということもあり前回の投稿から 4 ヶ月も空いてしまいました。 忙しさのピークも一段落して季節も秋に変わってきたので、また自宅ラボという名の盆栽いじりを再開してます。 前回の投稿では、cert-manager を使って Ingress 用の証明書を発行するようにしました。 Let’s Encrypt の ACME DNS-01 チャレンジ用に cert-manager が Azure DNS に TXT レコードを作成してくれます。 このとき、cert-manager は Microsoft Entra ID のサービスプリンシパルを使います。 サービスプリンシパルのクライアントシークレットは有効期限が最大でも 2 年間 (24 ヶ月) なので、HashiCorp Vault と Vault Secrets Operator を使ってクライアントシークレットを動的に生成して、クライアントシークレットの有効期限を意識せずにサービスプリンシパルを使えるようにします。 自宅ラボ用途なので 2 年間でもいいっちゃいいんですがね。 全体像 今回は色々なサービスが連携していて流れが分かりづらいため、最初に全体像を把握します。 シーケンス図のほうが分かりやすかったかも? サービスプリンシバルを含め、Secret リソース以外は事前に作成しておきます。 今回の投稿でメインになってくるのは Vault と Vault Secrets Operator (VSO) です。 サービスプリンシバル あらかじめ Vault 用と cert-manager 用のサービスプリンシバルを作成しておきます。 cert-manager サービスプリンシバルは前回作成したものを使います。 Vault サービスプリンシバルも同様に作成したあと、他のサービスプリンシバルを操作するためのアクセス許可を設定します。 必要なものは以下の 2 つです。...

October 11, 2023 · 2 min · @nnstt1